令和3年度 委員会

さくらの窓口委員会 事業計画

熊谷さくら

事業名「総務事業」
委員長 熊谷 さくら

 この度、令和3年度及び令和4年度弘前YEG・さくらの窓口委員会(総務)委員長をやらせていただくことになりました、熊谷さくらです。
 各委員会が事業に専念できるよう、事務局と濃厚な連携を取りながら、円滑な会議等の運営を行い、会長の想い達成と各事業成功のために裏方として、会を盛り上げていく所存です。
 最初のうちはご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、一生懸命取り組んでまいります。よろしくお願い申し上げます!!
職務分掌
1.各種会議運営(総会・役員会)、商工会議所事務局との連携、各種大会窓口
2.ホームページ及びSNSの運営
3.メンバーズリストの作成
4.アテンダンスポイント集計
事業を行う背景
各委員会が事業に専念できるよう、円滑な各会議等の運営、正確な情報の集計、共有を事務局と連携を取りながら段取りし、会長の想い達成と各事業を成功させる。
意義・目的(対外)
会長の想い、地域において必要な団体であることを周知することを目的とする。
■総会・・・会長方針と事業計画等を発表・決定をするため、議事進行が円滑に進むように事務局や関係委員会と連携しながら入念に準備し、成功させる。
■ホームページ・SNS・・・活動状況等を掲載し、会員以外の事業者へのPRと会員増強に繋げる。
意義・目的(対内)
会長を支え、会員に対して、正確な情報の掲示と、例会や行事への参加意欲を増進させ、会全体を裏方として盛り上げていくことを目的とする。
■手帳の作成・・・会の規約と年間行事の確認し、会長はじめ各委員会の基本方針、事業内容等を知る。会員を知り、親交を深める一助ともなる。
■アテンダンスポイント・・・例会や行事等に参加すると、項目ごとに決められた点数を付与し、貯めていく。点数の高い会員に特典を適用し、表彰することによって、会員の意欲と出席率を上げ、活動を活発にする。
方法手段
1.総会・・・会議所又は宴会場で行い、対象者の会員へはエンジェルタッチ、その他は、メール、電話、FAX等で案内を出す。
2.ホームページ・SNS・・・各委員会から写真や文章を集め、掲載する。
3.手帳の作成・・・会員、各委員会から掲載する内容をFAX等で集計し、制作業者へ発注する。
4.アテンダンスポイント・・・各委員会へ予め決まったエクセル様式で入力してもらい、メールで集計する。
役職 氏名
専務理事 成田 圭介
事務局長 池田 守之
委員長 熊谷 さくら
副委員長 小林 太郎
委員
秋田谷 英千 阿保 誠一 小笠原 舞 小田桐 和也
小野 七夕季 帯川 登之 木村 亮一 工藤 誠史
GOMA 櫻庭 麻裕子 白戸 邦明 舘田 裕歩
實籾 好弘 棟方 成人 横山 航平

固い絆委員会 事業計画

固い絆委員会委員長 古賀 知世

事業名「弘前YEG固い絆構築事業」
委員長 古賀 知世

 入会後、知人も少なく右も左もわからなかった私がYEG活動を学び、楽しみ、皆様との親睦を深めるきっかけを頂いたのは「例会」でした。だからこそ、当委員会で例会企画に携われることは大変嬉しく、その大義に身の引き締まる思いです。
 足りない者ではございますが、YEGが紡ぐご縁を大切にし、揺るぎのない【固い絆】を築くため、誠心誠意努めて参ります。皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。
職務分掌
1.例会の企画・運営、新年度総会及び懇親会の企画・運営、新年会の企画・運営、卒業式の企画・運営
2.広報誌【轍】の企画・運営
3.他委員会への協力
事業を行う背景
弘前YEGの固い絆を構築するためには、活動基盤となる例会に参加することで会員同士の交流や青年部活動への理解を深めることが大切であり、その為にも、より参加したくなるような、誰かを誘いたくなるような企画を運営する必要があると考える。
意義・目的(対外)
交流・親睦例会を通して会員同士の固い絆を作り、研修・講師例会を通して経済人としての研鑽を積み、その両方によってより魅力のある青年経済団体となり、地域に発信・貢献する。
青年部活動への理解を深め、賛同者を増やし、新入会員の増加に繋げる。
意義・目的(対内)
例会の参加率と満足度を上げ、会員同士の交流を増やし、それを各々の企業活動および青年経済人としての成長に繋げる。
例会をはじめとする青年部活動の意義や必要性を再認識してもらい、団体としての絆をより強固なものにする。
方法手段
1.青年部全体事業の内容をメインテーマとした企画、地域の事業や文化を体験しその魅力を知る企画、運動や食を共にすることで親睦や絆を深める企画、企業の経営や運営に役立つ知識を得る企画、弘前商工会議所及び青年部としての意義・目的を学ぶ企画などの例会を実施する。
2.広報誌轍の中で【弘前YEGとは何か】【弘前YEGの活動内容・意義】をわかりやすく伝え、市民への周知を図るとともに、興味を持ってもらう。
役職 氏名
副会長 中村 好孝
常任理事 木村 隆之
委員長 古賀 知世
副委員長 田澤 愛
委員
秋田 和寛 秋元 駿一 大山 一樹 川村 恵太
北畠 大地 木庭袋 靖子 久米田 愛実 佐藤 亨一
相馬 克哉 富樫 渉 原 祥開 樋口 優美
福士 晴美 森山 聡彦 山形 諒

地域の絆委員会 事業計画

地域の絆委員会委員長 三浦博美

事業名「『eスポーツ』による新たな産業創造」
委員長 三浦 博美

 この度、地域の絆委員長を務めます三浦博美です。他青年団体に所属していた時、委員長を引き受けなければ今の自分はなかったと思います。何でも相談できる、良き仲間が出来ました。今回も折角の機会ですので、新たな出会いと、新たな経験により、成長できればと思っております。コロナ禍で、企業活動・生活様式の変化を求められる中、何を考えどう実行するか真摯に向き合い、企業活性化に向け精一杯事業に取り組みたいと思います。
職務分掌
企業活動の活性化の企画・運営
事業を行う背景
新型コロナウイルスの世界的感染拡大に伴い、経済は冷え込み、企業活動・市民生活の対応が求められている。密を避けるため在宅勤務を推進するなど、首都圏の企業では働き方が大きく変化し始めている。
勤務形態が変わることで、新型コロナウイルス感染リスクの低い地方へのUターンや、移住も増加するものと思われる。企業活動の活性化には、人口増加が欠かせず、弘前の地が居住地の候補先となる、魅力ある街であることの情報発信が必要である。
意義・目的(対外)
企業活動の活性化のため、経済活動の規模拡大には商圏人口を増やす必要があり、新しい生活様式として、弘前へのUターンや移住、若者の定住促進を目的とする。
意義・目的(対内)
新たな企業活動のきっかけを作り、YEGの強みを生かした企業間コラボレーションにより、新規産業の創出促進を目的とする。
方法手段
近年注目度が増している「eスポーツ」に着目し、大会を実施する。
役職 氏名
副会長 福士 圭介
常任理事 佐藤 直
委員長 三浦 博美
副委員長 竹村 和寿
委員
石戸谷 隆輔 奥瀬 潤 小田桐 誠 木村 仁平
工藤 拓美 齋藤 勇太 佐藤 匠 澁谷 智博
田中 雄一 中里 元哉 原田 和人 藤田 純
三浦 和也 三浦 馨史 山内 尚美

ビーバップ委員会 事業計画

ビーバップ委員会委員長 奈良俊雄

事業名「地域共生社会創造事業」
委員長 奈良 俊雄

 ビーバップ委員会では「少子高齢化」「人口減少」が進む弘前で、地域満足度の向上、地域共生社会の実現、多文化共生という非常に難しいテーマの基、委員会メンバー一丸となって人と人、地域との繋がりをより深いものにするために現状の課題を調査し解決に向けた事業実施を行うための研究・議論を重ねていき未来へ繋がる地域社会を創造していけるよう取り組んでいきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。
職務分掌
1.地域満足度の向上を図る企画・運営
2.地域共生社会の実現へ向けた企画・運営
3.多文化共生の企画・運営
事業を行う背景
少子高齢化・人口減少、更にコロナ禍で変わりゆく生活の中で、人との結びつきが弱まってきている今だからこそ、人と人、地域との繋がりを深いものにし共生していく社会を築く事で未来へ繋がる地域社会を創造する。
意義・目的(対外)
地域共生社会の実現をテーマに、課題解決に向けた調査研究と事業実施によりより満足度の高い街の実現を目指す。
意義・目的(対内)
多様なコミュニティーのハブとなり、様々な視点から実態を把握、行動する事で地域を先導する青年経済人としての能力・スキルアップを目指す。
方法手段
1.実態調査(パネルディスカッション・インタビュー等)
2.課題抽出・政策提言案・解決策の事業化案作成・プレスリリース
役職 氏名
副会長 佐々木 裕和
常任理事 藤田 あつ志
委員長 奈良 俊雄
副委員長 棟方 悟
委員
葛西 哲雄 菊池 翼 木村 陽子 小林 仁
工藤 拓美 齋藤 勇太 澁谷 智博 田中 雄一
佐藤 誠 相馬 信也 橘 秀孝 對馬 幸代
中村 智 西谷 雷佐 福島 悠起 前田 泰健
渡部 弘市

プロジェクトY委員会 事業計画

プロジェクトY委員会委員長 川嶋貴裕

事業名「弘前NEXTイベント創造事業」
委員長 川嶋 貴裕

 令和3年度より初めて委員長をさせて頂きます。若輩者ですが精一杯頑張りますので、何卒宜しくお願い致します。さて、プロジェクトY委員会では二年間を通して、昨今の課題である少子高齢化や人口減少を克服し活力ある地域経済を維持する為の様々な地方創生への取り組みが注目される中、そしてコロナウイルスによる新しい生活様式が行われている中で、地域の経済的先導者として、弘前商工会議所青年部の伝統あるイベントなどの事業を再度検証し、弘前市民が誇りに思える新たな文化・イベント事業を創造し、より笑顔あふれる地域へと繋げる必要があるのではと考え、『弘前NEXTイベント創造事業』と題して新しい事業の企画・運営を進めてゆきたいと思っております。また、この事業を通して会員同士の更なる強い繋がりや更には地域の文化や活気ある人々の姿に触れ、活力や楽しみ・賑わいを通じて参加する皆様が弘前への更なる誇りや愛着が持てればと思います。
職務分掌
新たなる文化・イベント創造の企画・運営
事業を行う背景
昨今の課題である少子高齢化や人口減少を克服し、活力ある地域経済を維持する為の様々な地方創生への取り組みが注目される中、そしてコロナウイルスによる新しい生活様式が行われている中で、地域の経済的先導者として、弘前商工会議所青年部の伝統あるイベントなどの事業を再度検証し、弘前市民が誇りに思える新たな文化・イベント事業を創造し、より笑顔あふれる地域へと繋げる必要がある。
意義・目的(対外)
事業に参加する多くの人々が、世代や所属にとらわれず地域の文化や活気ある人々の姿に触れ、それぞれに強く繋がり、活力や楽しみ・賑わいを感じる事により弘前への更なる誇りや愛着を持つ事を目的とする。
意義・目的(対内)
プロジェクトY事業の企画・運営を通し、会員同士の繋がりと地域の未来を切り開く事への関心を深め、豊かで住みよい郷土作りへの実現に向け、YEG運動、活動に積極的に取り組んでいく事を目的とする。
方法手段
1.市民が主役となれるステージイベントの開催
2.市民や訪れた人々が弘前を知ることが出来るフードの提供
3.世代を問わず家族や友人で楽しめる音楽鑑賞の場の提供
4.弘前ならではを感じる事の出来る会場装飾や演出
5.コロナ過での新しい手法による提案
役職 氏名
副会長 玉田 宏造
常任理事 三上 友子
委員長 川嶋 貴裕
副委員長 山本 暢仁
委員
石村 智樹 漆澤 知昭 小山内 孝二 小野 裕貴
小林 裕之 今 隆格 斉藤 講平 嶋田 樹里
田中 大樹 外崎 謙太郎 藤田 智彦 松木 泰将
山崎 真介 山下 弘恭

まつり委員会 事業計画

まつり委員会委員長 葛西晋

事業名「地域イベント推進事業」
委員長 葛西 晋

 まつり委員会では、地域イベント推進事業として、津軽の食と産業まつりの主管と弘前城雪燈籠まつりへの参画を担当させて頂きます。
 津軽の食と産業まつりは昨年度、コロナウイルス感染防止対策を講じての屋外開催での準備を進めておりましたが、感染拡大の影響により、開催直前での中止となりました。今年度はこれまで以上に対策を徹底し、開催へと繋がるように微力ながら精一杯努めて参ります。よろしくお願い申し上げます。
職務分掌
1.津軽の食と産業まつり実行委員会主管
2.弘前城雪燈籠まつりへの参画
事業を行う背景
人口減少等により地元経済は衰退の一途であり、津軽地域の魅力を発信し、活性化へとつながる機会が必要である。
意義・目的(対外)
津軽地域の魅力を県内外へ発信するイベントを運営・支援し、経済の活性化へとつなげる。
意義・目的(対内)
地元経済の活性化へとつながるイベントを運営・支援することにより、青年経済人としての成長へとつなげる。
方法手段
1.津軽の食と産業まつり実行委員会の運営
2.弘前城雪燈籠まつりの雪像製作
役職 氏名
副会長 石田 卓也
常任理事 島津 隆義
委員長 葛西 晋
副委員長 齊藤 正全
委員
石戸谷 妙一 角田 翔平 木村 拓生 工藤 弘樹
工藤 文孝 佐藤 健人 須藤 一 相馬 善英
福士 龍王 藤本 幸一 前田 完治 三上 卓也
山崎 圭吾 吉崎 真武 吉村 俊一

弘前LOVERS委員会 事業計画

弘前LOVERS委員会委員長  大井康敬

事業名「弘前の魅力発掘事業」
委員長 大井 康敬

 当委員会の目的は、子供達に弘前の歴史について学んでもらい、そのうえで、郷土愛を育んでもらうことだと解釈して事業を計画しています。しかし現在計画中の事業は、当委員会のみでの実行は難しいと考えており、多くのYEGメンバーへ参加をお願いしたいと考えていますので、その際はご協力をお願いしたいいたします。
 また、事業の実施についてはコロナウイルスの影響を受けると思われます。対応には十分気を付けたうえで、目的を達成できるように計画していきます。
職務分掌
1.小学生と高校生による歴史文化の発掘・発信の企画・運営
2.小学生へ向けた郷土愛醸成プログラムの企画・運営
事業を行う背景
郷土を離れ、都会へ出ていく若者は依然として多く、多くの企業で人手不足が深刻な問題となっている。
そのために、生徒、児童に対して郷土愛を育み、将来弘前で生活したいと感じさせることが必要となっている。
意義・目的(対外)
小学生から高校生までの児童生徒に、弘前の歴史・文化に触れてもらうことにより、弘前に興味、愛着を持ってもらうことを目的とする。
意義・目的(対内)
児童・生徒に対して、就職時に弘前市内への就業も選択肢に入るように、弘前に愛着を持ってもらうことを目的とする。
方法手段
弘前市の歴史等についての勉強会、土手町周辺の散策、弘前公園内でのイベントを企画し、生徒、児童に対して弘前の魅力を伝える。
役職 氏名
副会長 角田 康浩
常任理事 大髙 亜弓
委員長 大井 康敬
副委員長 相馬 友幸
委員
赤石 淳市 上田 賢 葛西 亮佑 櫛引 純二
久保 茜 齋藤 ひとみ 笹森 通彰 佐藤 健
佐藤 優 鹿内 麻友 相馬 宏亮 栩内 伸治
高橋 哲史 成田 悦夫 奈良 慎太郎 本間 将太郎
山田 貴文