令和3年度 役員挨拶

固い絆委員会

担当副会長 中村好孝

担当 副会長 中村 好孝

 ちょうど1年前から蔓延したコロナウイルスによって、何でもない、当たり前の日常が一変しました。総会も、例会も、様々な事業も無くなり、会議もリモートが主流となり、弘前YEGの「絆」がどんどん希薄になっていくと不安が募るなかで、今まで築いてきた固い「絆」をまた強く感じられるような、YEGやっぱりいいぃな!と思ってもらえるような例会をコロナ対策をして開催したいと思います。
担当常任理事 木村隆之

担当 常任理事 木村 隆之

 今年度、固い絆委員会の常任理事として担当させて頂く木村です。
 当委員会は青年部活動において基盤となる例会企画が主な事業となっております。依然続くコロナ禍の中、それに見合うスタイルを模索しながら、奈良会長のビジョン、古賀委員長の方向性をしっかり理解し、青年部会員皆様にとって、より良い企画を運営し、固い絆を構築出来るよう尽力致します。宜しくお願い致します。

地域の絆委員会

担当副会長 福士圭介

担当 副会長 福士 圭介

 地球上の全世界に猛威を振るっている新型コロナウイルス。今年度においても、その未知のウイルスとの闘いは先が見通せない年であることでしょう。だからといって、我々はそれに怯え狼狽えてただじっと耐えて過ごすわけにはいきません。明るい未来を信じ、それを実現する為に我々YEGは、この大好きな地域の為に行動を起こさなくてはなりません。
 企業でのテレワークの導入が叫ばれ、リモートワークやワーケーションを行う人も急増しております。我々の委員会は、「eスポーツ」を通じ、ITによる企業間の活性化を促す事により居住地としての魅力ある候補地となるべく事業を進めてまいります。
担当常任理事 佐藤直

担当 常任理事 佐藤 直

 地域の絆委員会では新たな取り組みとし新規事業を構想実施まで行えればと思っております。特に昨今注目されているeスポーツを委員会メンバーにて計画し、子供たちへ向けた新たな事業を進めたいと思っておます。2年間という長いようで短い期間ではありますが福士副会長、三浦委員長を支える立場となり委員会名の通り地域との[共存共栄]そして未来のYEGへの架け橋となるよう努めたいと思います。

ビーバップ委員会

担当副会長 佐々木裕和

担当 副会長 佐々木 裕和

 令和3年度奈良第司会長の下、副会長の仰せつかりました佐々木裕和です。
新型コロナウイルス感染症の影響により、この地域の経済は音を立てるかのように、落ち込んでいる状況であります。今一番必要な事はなにかを常に考え行動してまいります。
 この地域の課題でもある人口減少・少子高齢化・担い手不足。一つ一つの問題に青年部が新たな風を起こせるように、青年の責務である行動力を活かし、この地域の明るい未来の創造をしていきます。地域の共生社会は、今責任世代である我々青年の行動が不可欠であり、人と人・人と資源・世代や分野超えた繋がりがこの地域を共に創っていく事となり、その先に地域満足度の向上があり、更には子供たちの笑顔が明るい街になる事を信じて率先して行動してまいります。
担当常任理事 藤田あつ志

担当 常任理事 藤田 あつ志

 当委員会では「持続可能なまちづくりへ『弘前共生』で創る地域満足へのシナリオ」をテーマに理論・実践の両面から深く探り、当市にとってより効果的な作用を引き出していく。
 人口減少・少子高齢化の進展から、急激に変容する弘前地域における社会開発戦略について議論を深め、誰一人取り残さない支えあう持続可能な地域社会像を描き、時代や異文化の障壁を解消する「他者理解」に関する対話など質的共生アプローチを加え提言する。

プロジェクトY委員会

担当副会長 玉田宏造

担当 副会長 玉田 宏造

 プロジェクトY委員会では、3つの基本方針「弘前の愛着を深める」「弘前の魅力を探る」「楽しい郷土づくり」を念頭に、弘前のやさしい文化づくりを目指します。地域の文化を発掘することにより、市民の方々が参加し自分のふるさと弘前への感謝や愛着を深める機会を増やします。
 寄り添う意識を持ち続けることで、その先に期待を常に超え弘前市民そして地域の笑顔と幸せにつながる青年部があると信じています。
 「今よりもっと良い考えがある」そのひらめきの精神と共に、常に自らを改革しながら進めてまいります。
担当常任理事 三上友子

担当 常任理事 三上 友子

 プロジェクトY委員会を担当します三上友子と申します。当委員会では、弘前商工会議所青年部の伝統あるイベントなどの事業を再度検証し、弘前がより笑顔あふれる地域になるように、弘前市民が誇りに思える新たな文化・イベント事業を創造して参ります。玉田副会長と川嶋委員長をはじめ、委員会メンバーと協力をしながら、会員同士の繋がりも深め、地域の未来が切り開くきっかけを作ります。どうぞよろしくお願いいたします。

まつり委員会

担当副会長 石田卓也

担当 副会長 石田 卓也

 令和2年食と産業まつりが新型コロナウイルス感染者増大(クラスター)発生の為、開催前日に中止の判断となり大変悔しい思いを経験しました。未だに新型コロナウイルス終息の兆が見えない状態が続いており、今年のまつり開催に向けて色々難しい運営になると予想されます。まずは感染防止対策の再検討・去年出来なかった20回記念イベントの開催。そしてまつりのマンネリ化による来場者及び出展者減少をなくすための新たな仕組みを模索検討、運動公園全体の利用方法模索検討、去年開設したホームページの有効活用、青年部メンバーに参加して頂く為に委員会として何が必要なのか検討そして実行していきたいと思います。弘前雪燈籠まつりの雪像制作では、作業中のケガや事故には十分気を付けて取り組んでいきます。今年は、新しい生活様式に柔軟に対応できるように委員会で協議検討していきたいと思います。
担当常任理事 島津隆義

担当 常任理事 島津 隆義

 私が担当するまつり委員会は、『津軽の食と産業まつり』と『弘前城雪燈籠まつり』の事業を運営・支援することで津軽地域の魅力を発信し、会員が一丸となり成長し、活性化へとつながるきっかけ作りができればと考えております。
 その目的を達成するために、当委員会1人ひとりが、綿密な事前調査を行う事で、その意義と目的を理解し、正確な情報伝達の実現に取り組み、連携を強化する事で発信力及び動員力の強化を図っていきたいと思います。

弘前LOVERS委員会

担当副会長 石田卓也

担当 副会長 角田 康浩

 令和3年度、弘前LOVERS委員会を担当させて頂くことになりました角田と申します。
 弘前LOVERS委員会では今を生きる小学生~高校生の子供達に、弘前の素晴らしさを伝えるため、奈良会長が掲げる「郷土愛醸成プログラム」を念頭において活動して参ります。弘前に産まれて過ごしている子供、はたまた他の地域から移住されて過ごしている子供。その子供達に弘前ならではの素晴らしさを、そしてこの地で生きているありがたさを、如何にわかりやすく伝えられるかを常に考え、行動に移してゆく所存です。
担当常任理事 大髙亜弓

担当 常任理事 大髙 亜弓

 私達、弘前LOVERS委員会では、私たちが住む弘前市が抱える人口減少や、少子高齢化といった課題に取り組むべく、事業を展開して参ります。
 子供たちに、この弘前の魅力を感じてもらい、ずっと住み続けてもらうために私たち青年部ができることはなにか?とても難しい課題ではありますが、弘前の魅力を一方的に伝えるのではなく、子供たちと一緒に楽しみながら、時には同じ目線に立って感じとっていけたらと思っています。
 角田副会長、大井委員長と委員会メンバーの皆さんと共に協力し合いながら全力で取り組んでいく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
専務理事 成田圭介

専務理事 成田 圭介

 青年部に入会し、たくさんの仲間に出会い貴重な経験をさせて頂きました。この出会いや経験は、人生の中において本当に大切な出来事でした。その仲間たちと互いに支えあい、挑戦し続けたいと思います。「創支想愛」というビジョンの基、会長の熱い想いを胸に、会長を支え(実際は支えられてばかりですが…)、会員一丸となって青年部が進むべき道を歩むよう一生懸命、全力で進んでまいります!!よろしくお願いいたします!
事務局長 池田守之

事務局長 池田 守之

 事務局長という役職かつ総務事業に初めて携わり、手探り状態ながらも活動していく上で新しい発見があったりと、組織の奥深さを最近感じております。
 総務事業は円滑な組織運営ができるよう、いわゆる縁の下の力持ち的な役割で地味ですが裏を返せば必要不可欠な事業です。
 その事業に情熱を注ぎ、委員会メンバー・委員長・専務とともにお互いにサポートし合い切磋琢磨していきたいと思っております。よろしくお願いいたします。